美容

MENU

美容

美容関連の情報を随時ピックアップしています。

美容一覧

綺麗に無駄下を処理したいと思った時にはまずセルフケアから始めていく事が多いです。かみそりや電気シェーバーなどが定番ですが、昔からの毛抜きやテープなどいろんな方法があります。自分のやりやすい方法で行うのが一番いいですが、やってはいけない事をいつの間にか習慣にしていたりする事がありますので、たまには脱毛方法を見直してみましょう。お手入れの前後でいろいろ注意したい事がありますので、もしも引っかかっている...

近年では、肌を傷つけない脱毛によってムダ毛を処理する人が増えていますが、毛根を完全に破壊する医療機関での永久脱毛でない限りは、どれだけ綺麗に処理してもいずれまた生えてくることになります。そういった場合には、また改めて処理をする必要がありますが、生活習慣を見直すことでムダ毛の成長を抑える抑毛をすることも可能なので、脱毛を行う際には一緒に取り組むことがおすすめです。女性の身体には、女性ホルモンだけでな...

男性は女性よりも、デリケートゾーンに生えている毛の一本一本が太く、濃い状態にありますが、大抵の方は気にせず、そのままにしています。しかし毛の量が多すぎると、そこに汗がたまって蒸れるので、雑菌が繁殖して、かぶれたり、つんとしたニオイを発生させることがあります。そんな人が女性にモテるとは思えないので、清潔感のある男性に思われたいなら、毛の量を減らして、かぶれやニオイが起きないようにしてください。デリケ...

脱毛をする時には、かみそりなどを使った後にもローションなどを利用して保湿をしておくと、しっとりとした肌を保つ事ができます。この時に豆乳ローションを使えば、無駄毛を抑えてくれる効果が期待できます。市販されているものもかなりたくさんありますので、日々の自己処理のお共にローションをどんどん使っていきましょう。大豆に含まれているイソフラボンが作用をしてくれて、男性ホルモンなどの効果を抑えてくれるのです。普...

カミソリや毛抜きを使った自己処理は面倒。手間をかけずにツルツルすべすべの肌になりたい、けれど痛いのはちょっとという人は多いでしょう。一昔前の脱毛と言うと電気を使った方法が主流でした。毛穴に細い針を刺して、そこに弱い電気を流して毛根を処理する方法です。やり方を聞いただけでも痛いのがわかるでしょう。もちろん施術者の腕次第ではそれほど痛くないこともありますが、毛穴に針を刺して電気を流すのですから、それな...

活性酸素という言葉を聞いたことがあると思います。活性酸素は体内に通常2%ほど存在し、身体の免疫システムのサポートをしています。しかしこの活性酸素の量が増えることで、正常な細胞を攻撃してしまう事があります。この活性酸素による老化は自然老化の一つと言われていますが、これを少しでも抑制させることで身体の健康や肌の老化を防ぐことができます。そもそも活性酸素は紫外線やストレス、過度の運動、タバコなどで体内に...

40代を過ぎてから、なんだか気分が優れず、落ち込むことが多くなりました。40代というのは急に顔がたるんできたり、白髪が増えたりと外見が無残な変化を遂げるときです。この外見の変化による精神的ダメージに加え、更年期に入ったことによるホルモンバランスの乱れも始まり、自分でもうつ病かとおびえるほど、何に対してもやる気が失せてしまいました。生活全般で投げやりな態度だったのですが、とくにメイクに関しては顔に色...

ちょっとしたことだけれど、毎日続けていると、気がついたら大きな差がついていたということってありますよね。今回は食事に関してですが、食事のちょっとした内容でも知らないうちに差がついていたということがあるようです。例えば、最近聞いて驚いたのですが、緑茶は体にいいと言われていますよね。カテキンが老化防止になりガンも防いでくれて、ビタミンCも入っているので、女性にとってはサビない上にお肌もサポートしてくれ...

私はものすっごくずぼらでガサツではあるのですが、しかしお肌だけは40代になった今でもキレイですね。その理由はやっぱり、私のずぼらでガサツな性格もあるのでしょう。なぜなら、私は必要以上にメイクをしないからなのです。薄化粧ということではなくて、メイクをしていない時間をできるだけ長くしていることです。以前、皮膚科医の先生が「やっぱり、化粧っていうのはお肌にとってよくないよ。毛穴もそうだけど、皮膚の表面を...

女性ならほぼ100%が使っているであろう化粧品、化粧水。店頭には何万もの製品がならび、そのどれもが魅力的な効果をうたっていて、私たちは必死に自分の肌にあうものを探し求めます。安価なものは100円から、中には2万円を払う方もいるでしょう。しかし多くの方が、ただ使うことを目的にしていて大切なことを見落としています。実は、一番大事なことは「どれを選ぶか」よりも「どう使うか」。@決して、肌を「たたかない」...